結婚相談所について

結婚相談所の断り方/婚活に成功するには断り方も大事!

結婚相談所の内容を知るには、
資料請求をするのがいちばんです。

詳しく会員数や成約数、または費用やプランについて書かれています。

資料請求は1社だけではなく、
複数社の資料を見比べて比較をすることがいいです。

で、この時たまに、入会お誘いのお電話があることがあります。

こんな時、どうしたらいいのか~・・について、
詳しくお伝えしますね。

他にも「断り方」にスポットを当てて書いていきます。

結婚相談所からの勧誘を断りたい!

結婚相談所に入会をする前に
多くの人は資料請求をしたり、実際に出向いて説明を聞いたりします。

説明を聞くだけなので、
こちらとしては気軽なつもりなんですけど
相手側としたら 「見込み客」なんですよね。

「今すぐじゃなくても、結婚を考えているんだったら入会をしてほしい!」
「ほかの結婚相談所に入会する前に、こっちで決めてほしい!」なんて
思っている訳です。

だから、勧誘が始まってしまいます。

資料請求をした後は ほぼ、電話があると思って間違いありません。
「資料はご覧になりましたか?」って感じです。

結婚相談所としてもボランティアではないので
勧誘は当たり前です(^^)

婚活のモチベーションがマックスで
その結婚相談所に入会するつもりであれば
勧誘電話が呼び水となり、
その会社に行く日程などを決めてしまえばいいのです。

でもでも・・・イヤですよね、勧誘電話。

その場合は、はっきりとお断りをしましょう。

考えておきます、とか
今は忙しいので・・などと逃げてしまっては
勧誘は止まらないので、また電話はかかってきます。

なので、はっきりと!

・彼氏ができました
・ほかの結婚相談所に入会しました
・先日 入籍しました

こんな感じでお断りをしましょう。

これで、その結婚相談所からの勧誘はなくなるはずです。
「見込み客」ではなくなりますからね。

結婚相談所で交際??でもやっぱり断りたい

例えば、
~結婚相談所に入会、紹介された人と会ってみた、
でもなんか違う、お断りしたい。。。~

この時はどのようにお断りをしたらいいのでしょうか。

基本は、結婚相談所のマニュアルに沿って
お断りをします。

それぞれの結婚相談所のマニュアルには
基本的な事柄が書かれていますから
把握しておきましょう。

マニュアルに沿ったお断りなので
こちらが直接連絡をすることはなく、相談所から相手に連絡が入ります。

相手のことを思いやる必要はありませんよ。
もしかしたら、まだ脈があるかもと勘違いをされるよりも
スパッとお断りをしたほうがいいのです。

本交際に入ってしまったけれど、お断りをしたい

1回あっただけでは、お相手の方がどんな性格なのか
どんな価値観をもっているのか
分からないことが多いものですよね。

もっと相手のことを知りたいと思ったら
デートを重ねるのがフツーです。

数回あったけれど、やっぱり結婚のイメージ湧かないとか
価値観が違うような気がする・・など
「なんか違う!」と感じたら
ずるずると長引かせるよりも、早い段階でお断りをしましょう。

その場合は、誠意をもってきちんとお断りをしましょう。

お付き合いの程度にもよりますが
数回会った程度だったら、メールのほうがいいですね。

相手のことを尊重しつつ丁寧に。
長々と書かずに、シンプルに。

最初の段階で目に付いたイヤなことは
ず~~と後まで気になります。

フツーの時は気にならない事でも
ケンカになった時は、いちばんに気になるものです。

なので、お断りの基準というか
「ここだけは譲れない」ことをはっきり決めておくことも重要ですよ。